ビットコイン(仮想通貨)が盗まれたときに備える保険が誕生

ビットコイン(仮想通貨)が盗まれたときに備える保険が誕生

三井住友海上火災保険が11月中に国内で初めて仮想通貨を巡るトラブルに対応する保険を売り出します。 仮想通貨がサイバー攻撃などで盗まれたり、なくなったりした場合に補償されるものです。 仮想通貨はインターネット上でやりとりするため、サイバー攻撃などで被害を受ける危険性があります。 一時、ビ...

記事を読む

外資系AIGが傘下の富士生命を売却。日本市場からあっさり撤退にがっかり感。

外資系AIGが傘下の富士生命を売却。日本市場からあっさり撤退にがっかり感。

米保険大手のAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)が日本国内の生命保険事業から撤退することが発表されました。傘下のAIG富士生命保険をアジアの保険会FWDグループへの売却を来年前半までにする計画です。 外資系の保険会社は国内にも多くますが、外資系の会社はいつ撤退するかわからない...

記事を読む

若年層の自動車保険料が値下げ。三井住友海上が2017年から。

若年層の自動車保険料が値下げ。三井住友海上が2017年から。

三井住友海上火災保険が2017年1月から、12年振りに自動車保険の保険料を引き下げます。 自動車保険の保険料の高さは、自動車保険の更改の度に契約者からも不満の声が多く寄せられていました。 実に12年振りの保険料引き下げは契約者にとって、とても喜ばしいことだと思います。 全体で平均1%相当、...

記事を読む

海外旅行保険が大幅値上げ。長期契約では特に顕著。

海外旅行保険が大幅値上げ。長期契約では特に顕著。

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険が10月より長期滞在する場合の海外旅行保険の保険料を値上げしました。外国為替市場で円安・ドル高が進んでおり、海外での治療費が円換算にすると増えてしまっているためです。 逆に、短期滞在の海外旅行保険は値下げしています。 日本は治安も良く、健康保...

記事を読む

大手損保社、保険料収入が8年ぶりに前年比減少。

大手損保社、保険料収入が8年ぶりに前年比減少。

大手損害保険3グループの4~9月の保険料収入が計3兆7,986億円と前年同期から2.3%減少したことが発表されました。 上期で前年の実績を下回ったのは実に7年ぶりとのことです。 しかし、7年続けて保険料収入の実績を伸ばしてきたのにも、保険料の値上げや駆け込み加入なども要因していたので、決して順調...

記事を読む

スマートフォンを使った事故状況調査

スマートフォンを使った事故状況調査

あいおいニッセイ同和損害保険がスマートフォンを使って遠隔操作で事故車両の損害状況を調査できる仕組みを業界で初めて導入します。光の当たり方を自動計算して小さな傷やへこみまで確認できるアプリを開発したのです。 世間的にスマートフォンのアプリは色々利用されており、今やスマートフォンを持っているのが当然と...

記事を読む

遂に誕生した不妊治療保険、その中身とデメリットとは

遂に誕生した不妊治療保険、その中身とデメリットとは

日本生命保険が10月に不妊治療保険を業界で初めて売り出します。 金融庁が4月に不妊治療保険の販売を解禁してはいたものの保険設計の難しさから発売に至っておらず、拍子抜け感があったことは否めません。 しかし、半年が経ってやっと発売に漕ぎつけられて良かったと思います。 ただ保険商品を詳しく見てみ...

記事を読む

現金盗難を補償する海外旅行保険、エイチ・エスが新開発。

現金盗難を補償する海外旅行保険、エイチ・エスが新開発。

エイチ・エス損保が9月の契約より、海外旅行保険で現金盗難被害を補償する「通貨盗難補償特約」を販売するようです。保険期間31日までの保険契約が対象です。 エイチ・エス損保は2005年設立の比較的新しい損害保険会社なのですが、その保険会社が従来では補償されなかった「現金」を補償するというので、...

記事を読む

住友生命が女性管理職を拡大。女性視点ならでは現場改善に期待

住友生命が女性管理職を拡大。女性視点ならでは現場改善に期待

2020年度までに住友生命保険が大阪本社の女性管理職比率を3分の1超に高めます。 今年の4月時点の事務・サービス部門の女性管理職は30.9%ですが、これを33%強に増加させる計画で、営業現場などや別の部署への異動を通じて管理職としてのスキルアップを後押しするようです。 私の友人が生保の支社勤...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 13