大手損保社、保険料収入が8年ぶりに前年比減少。

大手損保社、保険料収入が8年ぶりに前年比減少。

大手損害保険3グループの4~9月の保険料収入が計3兆7,986億円と前年同期から2.3%減少したことが発表されました。 上期で前年の実績を下回ったのは実に7年ぶりとのことです。 しかし、7年続けて保険料収入の実績を伸ばしてきたのにも、保険料の値上げや駆け込み加入なども要因していたので、決して順調...

記事を読む

スマートフォンを使った事故状況調査

スマートフォンを使った事故状況調査

あいおいニッセイ同和損害保険がスマートフォンを使って遠隔操作で事故車両の損害状況を調査できる仕組みを業界で初めて導入します。光の当たり方を自動計算して小さな傷やへこみまで確認できるアプリを開発したのです。 世間的にスマートフォンのアプリは色々利用されており、今やスマートフォンを持っているのが当然と...

記事を読む

遂に誕生した不妊治療保険、その中身とデメリットとは

遂に誕生した不妊治療保険、その中身とデメリットとは

日本生命保険が10月に不妊治療保険を業界で初めて売り出します。 金融庁が4月に不妊治療保険の販売を解禁してはいたものの保険設計の難しさから発売に至っておらず、拍子抜け感があったことは否めません。 しかし、半年が経ってやっと発売に漕ぎつけられて良かったと思います。 ただ保険商品を詳しく見てみ...

記事を読む

現金盗難を補償する海外旅行保険、エイチ・エスが新開発。

現金盗難を補償する海外旅行保険、エイチ・エスが新開発。

エイチ・エス損保が9月の契約より、海外旅行保険で現金盗難被害を補償する「通貨盗難補償特約」を販売するようです。保険期間31日までの保険契約が対象です。 エイチ・エス損保は2005年設立の比較的新しい損害保険会社なのですが、その保険会社が従来では補償されなかった「現金」を補償するというので、...

記事を読む

住友生命が女性管理職を拡大。女性視点ならでは現場改善に期待

住友生命が女性管理職を拡大。女性視点ならでは現場改善に期待

2020年度までに住友生命保険が大阪本社の女性管理職比率を3分の1超に高めます。 今年の4月時点の事務・サービス部門の女性管理職は30.9%ですが、これを33%強に増加させる計画で、営業現場などや別の部署への異動を通じて管理職としてのスキルアップを後押しするようです。 私の友人が生保の支社勤...

記事を読む

銀行窓販の手数料開示について思うこと

銀行窓販の手数料開示について思うこと

三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクが窓口で販売している運用型の保険商品の手数料開示を10月から開始する方向で準備しています。 保険会社が銀行に支払う手数料の実態が顧客に見え辛く、保険料が割高になる要因に繋がるとの声もあり、保険販売の透明性を高める必要性があると言われてきました。 ...

記事を読む

再生医療を対象にした保険制度、三井住友海上が創設予定

再生医療を対象にした保険制度、三井住友海上が創設予定

日本再生医療学会と三井住友海上火災保険が、自由診療で行う再生医療を対象とする新たな保険制度を11月に創設することが発表されました。 ノーベル賞を受賞した山中教授などによるiPS細胞により、再生医療分野の発達は目覚ましいものがありますが、未確立な医療技術でもあるためにリスクが全くないとは言えませ...

記事を読む

NO IMAGE

自動車保険満足度調査のランキングが発表されました。

J.D.パワー アジア・パシフィックが2016年日本自動車保険契約者満足度調査結果によると、代理店系ではAIU損害保険が、ダイレクト系ではセゾン自動車火災保険が総合満足度1位となりました。 この満足度調査は「契約内容/契約手続き」「価格」「保険証券」「顧客対応」「事故対応/保険金支払」の5つの...

記事を読む

生命保険金の請求漏れ、対策は家族ぐるみで。

生命保険金の請求漏れ、対策は家族ぐるみで。

明治安田生命保険が高齢者の契約を対象に実施した保険金の支払い確認で、2015年度に376件の申請漏れが判明したことを発表しました。内訳は、死亡保険金が243件、入院・手術の給付金が133件となっています。 かねてから保険金の請求漏れは問題視されており、これを防ぐために生命保険協会が公表した指針...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 12