東京海上日動が保険金支払いの書類を偽造。失われた最大手のモラル。

東京海上日動が保険金支払いの書類を偽造。失われた最大手のモラル。

東京海上日動火災保険の担当者が文書を偽造し、「後遺障害に該当しない」と結論づけていたということが発覚しました。 文書を偽造すること自体も大きな問題ですが、交通事故の後遺障害を訴えた被害者へ正式な手続きを怠っていたということは許されることではありません。 しかも余罪がある可能性も高いということで、...

記事を読む

外貨建て保険の販売、生命保険各社が注力。

外貨建て保険の販売、生命保険各社が注力。

大手生命保険会社が外貨建ての保険の販売に力を入れています。 マイナス金利による運用難により、円建て商品の魅力が薄くなってしまっていることが大きな理由です。 外貨建て商品は為替リスクが伴うため、リスク許容範囲がないと契約するのに躊躇し、敬遠してしまう人もいるのではないかと思います。しかし新しい...

記事を読む

フリーランス向けの社会保険制度が構築される見込み

フリーランス向けの社会保険制度が構築される見込み

政府が特定企業に属さずに働くフリーランス支援のために、失業や出産の際に所得補償を受け取ることができる団体保険の創設を提言します。 損害保険大手と商品を設計し、来年度から発売予定です。 企業に所属していれば、各会社で福利厚生を充実させているところもある上、公的にも失業保険や健康保険などの社会保...

記事を読む

日本生命と住友生命、生保レディ・営業職員の給与アップで離職対策

日本生命と住友生命、生保レディ・営業職員の給与アップで離職対策

日本生命保険と住友生命保険が、保険を販売する営業職員の給与を4月から引き上げる方針を固めました。 営業職員の離職率を抑えるため、働くモチベーション維持には給与面の改革が重要だと思います。 現在、生命保険業界を取り巻く環境は、あまり良いとは言えない状況です。 マイナス金利政策の影響を...

記事を読む

老人ホームの月額利用料の滞納保障保険を損保ジャパンが売り出します。

老人ホームの月額利用料の滞納保障保険を損保ジャパンが売り出します。

高齢化社会と言われて久しい日本。医療費の問題、認知症患者増加の問題、介護施設の問題など、高齢化社会は様々なリスクをはらんでいます。 保険会社は高齢化社会のリスクに目を向け、保険の開発を進めています。今回取り上げるのは損保ジャパンで、「老人ホーム利用者の利用料滞納に備える事業者向けの保険」を新た...

記事を読む

クラウドソーシング保険を三井住友海上が開発。著作権侵害も補償対象。

クラウドソーシング保険を三井住友海上が開発。著作権侵害も補償対象。

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険が、インターネット経由で仕事を受発注する「クラウドソーシング」利用者を総合的に補償する新しい保険を販売します。 対象利用者は個人、企業、運営者の3者で、利用者全体を一括で補償する保険は業界初となります。 私も個人的に「クラウドソーシング」を利...

記事を読む

タバコを吸わない人は保険料が安くなる医療保険が登場します

タバコを吸わない人は保険料が安くなる医療保険が登場します

T&Dフィナンシャル生命保険株式会社が平成29年2月2日に「家計にやさしい終身医療」を発売します。 「家計にやさしい終身医療」は無配当終身医療保険で、無解約払戻金となっています。 医療保険で無配当、無解約払戻金の商品が主流になっているのは、保険料を抑えてシンプルなものにするためです。 さて...

記事を読む

東京海上日動が、保険+高齢者見守りのサービスを開始。

東京海上日動が、保険+高齢者見守りのサービスを開始。

東京海上日動火災保険が、1月11日より高齢者の見守りサービスを開始しました。 磁気を使った健康器具を販売するコラントッテと連携し、ペンダント型の健康器具と損害保険を組み合わせた面白い取り組みだと思います。 高齢者見守りの仕組みは、ペンダントに刻印された電話番号に連絡すると、コールセンター...

記事を読む

「73歳でも入れる海外旅行保険はありますか?」へのお答え

「73歳でも入れる海外旅行保険はありますか?」へのお答え

先日に、「今年で73歳になり海外旅行に行くのですが、どこの海外旅行保険に入ればよいでしょうか」といった質問をいただきました。 海外旅行へ行く上で気になるのが海外旅行保険。どの保険を選べばいいか迷いますね。「旅行代理店に任せればいい」と思っている方もいるでしょう。 今回は加入方法と保険会社につ...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 13