生命保険会社と家事代行サービスの提携が本格化

保険会社と家事代行業者との業務提携の動きが本格化しています。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は家事代行業者カジーと提携します。これにより、ひまわり生命の契約者はカジーの家事代行サービスを10%OFFで利用できます。

家事代行サービス casy家事代行サービス「CaSy」のHP

また、ライフネット生命や朝日生命も、加入者に対し家事代行業者の紹介を始めました。

共働き世帯以外でも家事代行サービスは需要増。

共働き家庭の増加で家事代行サービスの需要が増えていることから、ひまわり生命は入院が必要となった被保険者や家族の負担を減らすために、提携した家事代行業者「カジー」の家事代行サービスを1割引で利用できるようにしました。

入院時の家事代行サービスは共働き世帯に限らず需要が多いと思います。
専業主婦(夫)がいる家庭であっても、普段家事を担っている方が入院をすれば家事代行サービスを利用するでしょうし、単身世帯の方にも需要があります。

最近は地元から離れた土地に暮らしている方も多く、入院時に頼れる親族が近くにいない家庭も少なくありません。家事代行サービスを必要としているのに、どの業者を選べば良いのか、料金は高額にならないかと不安になって利用を躊躇している方も多いでしょう。

そのような時に、加入している保険会社が提携している家事代行業者があれば利用しやすいと思います。料金割引サービスを受けられるのであればなおさらですね。

他にもある「保険会社との提携サービス」

家事代行業者以外でも、保険会社と企業が提携しているサービスがあります。

例えばアクサダイレクトでは、自動車保険加入者がアクサダイレクトの紹介する修理工場で車検を受け、車検代を現金で支払う場合、工賃の10%を割り引くサービスがあります。
また、ジェイアイ傷害火災では、インターネット専用の海外旅行保険「t@biho(たびほ)」の加入者が提携企業の海外WiFiレンタルサービスを割引価格で利用できるサービスがあります。

保険加入者がサービスを受けるだけでなく、企業が提供するサービスとして保険加入できるものもあります。
たとえばクレジットカード付帯の海外旅行保険はまさにその代表例で、利用者はクレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が有効になるため個別に海外旅行保険に入るのに比べて費用を節約することができます。
【参考】クレジットカード付帯の海外旅行保険の活用法!

その他にもポイントカード所有者向けに、無料で死亡保険を提供している企業もあります。
今後も保険会社が企業と提携する動きは広がっていくと思います。独自のサービス・付加価値を提供することで他社との差別化を図っていくでしょう。

(以下はニュース記事からの抜粋です)

保険各社、家事代行と提携 ひまわり生命、料金1割引き

 共働き世帯の増加に伴い、保険会社の間で家事代行業者と提携する動きが広がっている。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が11月からカジー(東京・千代田)と組んだ新商品の提供を開始。病気やケガで入院が必要になった際に、被保険者や家族の家事の負担を軽減できる。

 ひまわり生命は11月に医療保険の新商品を発売するのに合わせてカジーと提携した。
ひまわり生命の保険の契約者はカジーの家事代行サービスを約1割引きで利用できる。
11月に発売する商品は入院が必要な際に入院初日に最大20万円の一時金を支払うという商品で、一時金を家事代行サービスの利用に充てることなどを想定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA