保険会社の戦略 一覧

生命保険の保険料が全面改定。生保は安くなり、医療保険は高くなる可能性。

生命保険の保険料が全面改定。生保は安くなり、医療保険は高くなる可能性。

生命保険料は次の3つの予定率を元に計算されています。 予定死亡率、予定利率、予定事業費率の3要素です。 生命保険各社は低金利と平均寿命の延びを反映させるために、2017年4月以降の新規契約から保険料を全面改定するようです。 全面改定するからと言って、どの保険商品も値上げするというわけではあ...

記事を読む

NO IMAGE

ゆうちょ&かんぽ、本当の民営化はこれから。

郵政民営化が本格的になってきました。日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の株式上場はその大きな象徴ではないでしょうか。 さて、この度、ゆうちょ銀行の預入限度額とかんぽ生命保険の加入限度額が引き上げられることになりました。 今まで、ゆうちょ銀行の預入限度額は1,000万円、かんぽ生命保険の加入限...

記事を読む

老人ホームの家賃滞納を補償する保険を損保ジャパンが発売

老人ホームの家賃滞納を補償する保険を損保ジャパンが発売

有料老人ホームの事業者向けに、入居者が家賃や介護サービス費などを滞納した際の損害を補償する保険を損害保険ジャパン日本興亜が発売します。 補償の対象は管理費や食費、光熱費などの入居費用ですが、これは生活する上で必要不可欠なものですよね。 老人ホームに入居していなくても、食費、光熱費は必ずかかり...

記事を読む

損害保険会社の自然災害対策

損害保険会社の自然災害対策

東京海上ホールディングス、MS&ADインシュアランスグループHD、損保ジャパン日本興亜HDの損保3大手は2015年4~9月期の連結純利益において合計で前年同期より約25%少ない2000億円程度と3年ぶりの減益だった様です。これは10年に一度の風水害と言われた台風による影響で保険金支払額が1,800億...

記事を読む

「契約者の状況確認」で進む外部提携

「契約者の状況確認」で進む外部提携

保険会社の悩みの一つに、契約者とのコンタクトが取れなくなることがあることが挙げられると思います。 保険金などの請求自体は、受取人からの請求主義になっているため、請求がない限り保険金などの支払いはできません。 核家族化が進んでいる現代社会では、高齢者の単身世帯が非常に多くなっていますよね。 ...

記事を読む

各世代に必要とされる保険商品の開発を。

各世代に必要とされる保険商品の開発を。

生命保険と言えば、一昔前には一家の大黒柱である世帯主が加入というイメージが非常に強かったですよね。しかし、現代社会において大黒柱は一本ではなく、配偶者の働きが大きな家計の支えになっていると思います。また、女性の社会進出に伴い、晩婚化、非婚率が高まっていますよね。 生命保険も以前のように死亡保障...

記事を読む

「詐欺防止に保険外交員」は本当に役立つのか

「詐欺防止に保険外交員」は本当に役立つのか

福岡県警と第一生命保険がタッグを組んで詐欺防止のために協定を結びました。新たな取り組みに対して素晴らしいと感じた一方で新たな課題や疑問点が浮き彫りになってくるような気がしております。 現在、生命保険の販売チャネルとして保険外交員から加入する割合が低下しています。長い目で見ると保険外交員にかかる...

記事を読む

自転車保険が必要とされる時代

自転車保険が必要とされる時代

小学生の無謀な自転車運転によって障害を負わせてしまったとして、監督責任のある親に対して莫大な賠償金支払命令が裁判所から下され、大きなニュースとなりました。自動車ドライバーの多くが任意で加入している自動車保険と同様に自転車保険の重要性も変化してきております。 私自身も子を持つ親として個人...

記事を読む

損保ジャパンが業務システムを刷新

損保ジャパンが業務システムを刷新

銀行のシステムトラブルが起きますと、ATMに影響が出てニュースになることがありますよね。保険会社も全国ネットでシステムが稼働しています。 以前私が取引をしていた生保会社のシステムはトラブルが時々起こり、契約者からの問い合わせ対応や事務手続きに支障が生じて困ったことを思い出します。そのデータ量が...

記事を読む

1 3 4 5 6 7