保険会社の戦略 一覧

インターネットで加入できるタイプの保険が拡大。様々なネット加入保険のまとめ。

インターネットで加入できるタイプの保険が拡大。様々なネット加入保険のまとめ。

第一生命保険が少額短期保険のレジャー保険をネット販売 第一生命保険が、15日よりインターネットでの保険販売を開始します。 販売するのは、少額短期保険業者であるジャストインケース社のレジャー保険です。 最近はインターネットで加入できる保険のCMを良く目にしますね。 自動車保険や医療保険...

記事を読む

高校生向けVRで自転車事故を体験。au損保とKDDIがプロジェクト。

高校生向けVRで自転車事故を体験。au損保とKDDIがプロジェクト。

au損保とKDDIが自転車安全・安心プロジェクトの第3弾を開始したというニュースがありました。 今回はVRを使ったプロジェクトになっています。 このプロジェクトは、自転車ながらスマホの撲滅と高額賠償への備えに関する意識向上を図るためau損保、KDDI、ナビタイムが始めたものです。 第1弾、...

記事を読む

中小企業向け地震保険を損保ジャパンが販売。中小企業こそ地震保険が必要。

中小企業向け地震保険を損保ジャパンが販売。中小企業こそ地震保険が必要。

今回、損保ジャパン日本興亜が中小企業向けに補償を抑えた安い地震保険の販売を開始するというニュースがありました。 (ニュース記事を先に読みたい方はこちら) 実は、企業向けと一般の地震保険は仕組みが異なり、企業向けは加入率の低さが懸念されていました。 なぜ、このような事が起こっているのでし...

記事を読む

東京海上、通訳ガイドの事故補償する保険発売

東京海上、通訳ガイドの事故補償する保険発売

いよいよ2020年東京五輪まであと2年。 日本政府観光局によると、2017年の訪日外国者数は2869万人。 日本国内の観光地でも宿泊施設でも、「日本人だけ」のことはめっきり少なくなりました。言葉の壁こそありますが、オリンピックは国内を盛り上げる重要な源泉だと思います。 観光立国のキーパ...

記事を読む

生命保険会社と家事代行サービスの提携が本格化

生命保険会社と家事代行サービスの提携が本格化

保険会社と家事代行業者との業務提携の動きが本格化しています。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は家事代行業者カジーと提携します。これにより、ひまわり生命の契約者はカジーの家事代行サービスを10%OFFで利用できます。 家事代行サービス「CaSy」のHP また、ライフネット生命や朝日生命...

記事を読む

大手生保の保険代理店への出資が相次ぐ理由とは。

大手生保の保険代理店への出資が相次ぐ理由とは。

大手生命保険会社が「販売代理店」に相次いで出資しています。 「販売代理店」は他社商品も含めて複数の保険を取り扱っており、窓口を設けている販売代理店も多く、一つの生命保険の大きな販売チャネルになっていると感じます。 大手生命保険会社は、セキュリティや個人情報の問題もありオフィスへ入室し...

記事を読む

保険と住宅ローンの相談サービスを統一。北海道銀行が開始。

保険と住宅ローンの相談サービスを統一。北海道銀行が開始。

北海道銀行が、保険と住宅ローンの相談窓口を1カ所にまとめた店舗を開店しました。 保険と住宅ローンは家計を考える際には重要な項目で、密接な関係にあることを考えますと、相談者にとって便利さが向上したと感じます。 更に、同じフロアにほくほくTT証券の相談窓口もあると言うことですから、証券の相談もで...

記事を読む

東京海上日動社が就業不能に備える保険を発売。

東京海上日動社が就業不能に備える保険を発売。

東京海上日動が「5疾病収入補償保険」を発売します。 5つの生活習慣病で就業不能等になった場合に、その状況が続く限り、所定の年齢まで毎年保険金を支払うものです。 病気になった場合に入院や手術などの医療費も心配になりますが、仕事ができない期間が生じると収入が減少したり、途切れてしまうことに不安を...

記事を読む

外貨建て保険の販売、生命保険各社が注力。

外貨建て保険の販売、生命保険各社が注力。

大手生命保険会社が外貨建ての保険の販売に力を入れています。 マイナス金利による運用難により、円建て商品の魅力が薄くなってしまっていることが大きな理由です。 外貨建て商品は為替リスクが伴うため、リスク許容範囲がないと契約するのに躊躇し、敬遠してしまう人もいるのではないかと思います。しかし新しい...

記事を読む

1 2 3 4 7