ミニ保険、じょうずに利用するのが賢い家計やりくりのポイント

少額短期保険ってなに?

11

少額短期保険、いわゆるミニ保険をご存知ですか?
このミニ保険の最大の売りは「保険会社が一般的に補償しない内容」を補償してくれる点にあります。例えば、妊娠中の保険加入や出産後の入院保障をはじめ偶発的な出来事に対する補償など様々です。

FPという専門家の立場からすると、ミニ保険は状況や事情を加味した場合に有効な場合もありますが、本当にその補償が必要であるのか疑問に感じるものが多々あります。あえてミニ保険を列挙して意見を述べるのは差し控えたいと思いますが、すべての不安に対して保険で賄おうとする考えは非効率的です。

その理由は、一般的に支払う保険料は受け取る保険料よりも多い、つまり損をするような仕組みになっているからです。しかしながら、有事の際に手持ちのお金や貯蓄を取り崩すリスクを避けたり、不足の資金を補填できるからこそ保険に加入している方がほとんどだと思います。こちらについてはとても正当な考えだと筆者は感じます。

保険は必要なものだけを契約しよう。

ミニ保険は掛け金が安く加入しやすいメリットがありますが、あくまでも本当に必要な補償のみ加入するようにするべきだと考えます。保険貧乏という言葉があるように、保険をたくさん掛けすぎて家計が圧迫されているケースが多く見受けられます。不要な保険は解約して貯蓄や違う支出に充てるだけで家計は効率的に回ります。

ミニ保険はじょうずに利用するのが賢い家計やりくりのポイントになるのです。ミニ保険に加入している人、これから加入を検討している人の双方にとって改めて見直してみるきっかけになったのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA