現金盗難を補償する海外旅行保険、エイチ・エスが新開発。

現金盗難補償のついた海外旅行保険

エイチ・エス損保が9月の契約より、海外旅行保険で現金盗難被害を補償する「通貨盗難補償特約」を販売するようです。保険期間31日までの保険契約が対象です。
エイチ・エス損保は2005年設立の比較的新しい損害保険会社なのですが、その保険会社が従来では補償されなかった「現金」を補償するというので、非常に画期的です。

海外で、現金やカードの盗難に遭う方は多く、ソニー銀行のWEBアンケート(2015年9月19日~21日実施、海外旅行経験者1000人を対象)によると、20%超の方が海外で「現金・カードなどの盗難」にあったことがあると回答していました。

クレジットカードの盗難は、盗難保険で補償されますが、現金は全く補償されません。日本国内ならまだしも、異国の地で現金を盗まれたら大変です。
また、5人に1人以上が海外で盗難被害にあっているということであれば、ニーズも多いでしょう(例えばフランスのパリでは財布のスリが多いと聞きますよね)。

保険金は、3万円が限度(自己負担額5,000円)とのことです。多いか少ないかは、個人の考えによるでしょうが、全く現金が補償されないよりは遥かに心強いですね。

ただ、保険の悪用は心配ですね。悪用を避けるために、盗難届出証明書の提出を必要とするようですが、実際に所有していた金額より多くの金額を盗難されたと申告したり、単なる「紛失」を「盗難」として届け出たときは、正しく判断できるのかなと思います。

いずれにせよ、現金補償のニーズは非常に多いでしょう。期待したいですね!

(以下は日経新聞からの一部抜粋です)

海外で現金盗難 補償 エイチ・エス損保、国内初

 海外旅行保険のエイチ・エス損害保険は9月から海外旅行でお金を盗まれた場合に補償する保険を販売する。期間1カ月未満の保険に追加する仕組みで、円換算で3万円まで補償する。

現金盗難被害の補償は英国などにもあるが、国内の損害保険会社では初めて。海外旅行中は財布を盗まれる被害が多く、需要が大きいと判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA