治療中の方が海外旅行保険には入るには

病気やケガで治療中だけど、海外旅行保険には入れるの?

5

海外旅行中の万が一に備えて、是非加入したい海外旅行保険。健康に不安がある時、加入できるのか気になりますよね。
保険に加入する時は、健康状態を告知するのが一般的です。もちろん、海外旅行保険も同様です。

では、海外旅行保険申込み時にケガや病気で治療中だと、加入を断られてしまうのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

告知の必要がない場合

ケガや病気で治療中の場合でも、告知する必要がない場合があります。

例えば・・・

  • かぜ、感冒またはインフルエンザ
  • 食中毒(o-157を含む)
  • すり傷、切り傷、やけど等で、軽症かつ定期的な医師の治療が必要ないもの
  • あせも、アトピー、イボ、蕁麻疹
  • 入院または入院予定のない花粉症・水虫・痔
  • 虫歯(歯周病は告知対象)
  • 避妊のためのピル服用
  • 疾病の治療等ではなく健康増進の為の行為(市販のビタミン薬の服用等)
  • 医師に指示されていない薬(市販の風邪薬・胃腸薬等)の服用

といったものでしたら告知不要です。
(参考:損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険【off!】より)
※各保険会社によって異なる場合がありますので、ご確認ください。

告知をする必要がある場合

告知の必要があるケガや病気で治療中の場合、主に2つの加入方法があります。

方法その1:保険代理店での加入

海外旅行保険を取り扱う保険代理店で加入する方法です。
告知内容を個別に審査して、加入の可否を判断してもらえます。加入ができる場合、治療中のケガや病気は補償対象外となることが一般的です。
審査には数日かかることもあり、加入不可になる場合もありますので、余裕を持って申し込む必要があります。

ただ、東京海上日動の海外旅行保険を代理店で加入する場合、保険期間が31日までであれば、ケガや病気で治療中であっても無条件で加入でき、更に治療中のケガや病気が補償されますよ。
東京海上日動の海外旅行保険

方法その2:インターネットでの加入

海外旅行保険は窓口でなくてもインターネットで加入することもできます。気軽に加入でき、保険料が割安になるのも魅力的です。

多くの保険会社では(告知対象となる)ケガや病気で治療中の場合は加入できませんが、治療中でも唯一インターネットで加入できる方法があります。

それがAIG保険会社(旧AIU)の海外旅行保険です。AIG保険会社の海外旅行保険は、保険期間が31日までであれば、病気やケガで治療中であっても加入でき、治療中のケガや病気も補償対象となります。
割増保険料も必要なく、健康な方と同じ保険料で加入することができるのがいいですね。

AIG保険会社の海外旅行保険

その他の方法

上記の方法以外に、空港で加入する方法やクレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方法がありますが、いずれもあまりお勧めできません。

空港で加入する場合、治療中であること理由で加入不可となったら、無保険で渡航しなければいけません。クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償額が低いので、万が一の場合に保険金だけでは不足することもあります。もちろん、出発前からのケガや病気は補償対象外です。ですから、クレジットカード付帯の海外旅行保険があっても別途海外旅行保険に加入し、補償を厚くすることをお勧めします。

無保険で外国に行くことはないように

治療中であっても、海外旅行保険に加入できるので、無保険や虚偽の告知をして海外旅行へ行くのはやめて下さいね。
無保険で海外へ行き、万が一のことがあった場合、治療費は全額自己負担です。日本と同じ感覚でいると、高額な医療費に驚くことになります…。

また、虚偽の告知をして海外へ行った場合、保険金が支払われるケースであっても、虚偽の告知が原因で、保険金が減額されたり、支払われなくなることもあります。保険会社は、保険金を支払う前に調査をします。気をつけてください。

妊娠中の場合にはどうなるか?

妊娠は病気やケガとも違いますが、ほとんどの保険会社が保険加入を断っており、こちらもAIGのみがネット加入することができます。
妊娠中の海外旅行保険。旅行で気を付けたいこと
以前に書いた記事ですが、よろしければご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA